亡くなってから、ワークで、関係性が変わる

亡くなった人との関係性が、亡くなってから変わる。
ということがあると思いますか?

実はあるんですね。
これ、普通にあるんです。

興味があったら、やってみてください。

関係性が変わるというよりは、
考え方や気持ちが変わる、
というほうが厳密かもしれません。

私の父は、15年前に他界しています。
私が10代の頃は、無口で厳格な父との間に
とても確執がありました。
最初の結婚も反対を押し切った形でしたので、
確執はどんどん大きくなりました。

でも、お互い年を重ねるうちに、
その確執には、少しずつ変化が生まれ、
父の末期がんが発覚したときからは、
一気に確執が溶けて行きました。
それは、父のこの先がないだろうと思われたので、
父も私も、お互い
確執を持ち続けることは「無駄」だと考えたからです。

実際、がん発覚後、半年で亡くなってしまいました。
いっぽう、その半年は、
私にとっては、神様がくれた時間でもありました。
父との会話ひとつひとつが深く優しいもので、
その後の私の人生に大きく影響を及ぼしています。

とはいっても、その半年で、父との関係が
パーフェクトになったかというと、そうではなく、
まだなにかくすぶっていたりもしました。

その後、ヒーリングを学んで、
自分にワークをしていくと、父や母のことがよく
ワークのテーマで出てきました。

これは際限がない気がしました。
やってもやっても、まだ気持ち的になにか詰まってる。
ネガティブなことは、クリアリングしたけれど、なにかが、、、。
でもこの状態がフラットなのかも、、。
完璧主義にならなくてもいいのかも、、、。
う〜む、どうかな〜。
という状態が続きました。

しばらく父とのワークは、放っておいたあるとき、
なにかのきっかけで、幼い頃のことを思い出したことがありました。
それまでは、さっぱり記憶になかった出来事でしたが、
ふとしたきっかけで、
父とレストランに二人で行って、
私はなにかとても嫌な気持ちになって、
家にもどったその夜、私がかんしゃくを起こしたという
出来事を、最近になって、突然おもいだしました!

とっても不思議な気持ちでした。
記憶になかったことを
突然思い出したのです。
しかも私は小学生の頃の出来事です。

それをきっかけに、またワークを始めました。
父と話を続けました。
亡くなったはずの父と、イメージの世界で話をしました。
父がどう思っていたか、
私がどう思っていたか。
私の潜在意識をつかって、顕在意識にわからせるように、
父と話をしました。

あるときは、泣きながらのワーク、
あるときは、怒り、
あるときは、むなしさ、
あるときは、喜び。。。

ある日、何日かして、
ワークがパーフェクトになったことが、
顕在意識で理解できました。

私が小学生のときの、父とのレストランでの出来事は、
冷静にみて、完全に父に罪があるのですが、
それでも、
ワークがパーフェクトになったとき、
私は父の存在すべてを愛していることに気づいたのです。

たくさんの出来事や、ドラマもあったけれど、
父そのものが、愛でいっぱいの存在なんだということが
わかりました。

もともととても父に愛されていたし、
愛してもいたけれど、
そういう感覚とはまた別の(非常に言葉で説明しづらい)、
大きな視点・感覚で、父に対して『愛』というものを
あらためて持ちました。

これが
『ひとつのテーマが完全にクリアリングできた!』
ということなんだ!
と理解できたのです。

そして、さらによりよく「自分を愛すること」
にもつながっていくのです。



セッションのお申し込みはこちら

マロンのクリスタルボウル動画はこちら

『ジュエリーmarronmarron』のページはこちら



**マロンのスケジュール**
『ソウルメイト実現化ワークショップ
   〜結果を先にもってくる! on skype』

どなたでも参加できます!
日時/2015年1月10日(土)
   午後2時〜4時(日本時間)
参加料/4500円
お支払い/PayPal(カード決済)
場所/Skype
(お申し込み時にSkype IDをお知らせください)
参加資格は特にありませんが、参加人数制限あり
お問合せ・お申し込みはこちら

★★マロンとダニエルのFamily Ties開催予定★★
・2015年 6月 ドイツ

・2015年 8月29日(土)30日(日)
モンタナ カリスペル
(インストラクターコースと同じ会場)

FTのお申込はこちらからどうぞ


Family Tiesを受講されたかたがたの感想は、こちら

シータヒーリングジャパンmarronのページ

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する