ソルトレイクのクリスタルトーンズ社でみんなお買い物!

アイダホにきているシータ仲間たちが、
お休みの日をつかって、
ソルトレイクに遊びにくるというので、
せっかく来るのだったら、
ぜひクリスタルトーンズ社へ案内したいと思い、
まきちゃん、馬場ちゃん、ゆーじくんの
3人をクリスタルボウルの工場へ
連れて行きました!

この3人は、私にとってベストメンバーです!

3人がクリスタルボウルに興味があるとかないとかは、
まったく私は知らなかったのですが、
クリスタルトーンズは、クリスタルボウルの本場だし、
たくさんのボウルを見せて上げたいし、
工場では、気になるボウルを思う存分
触れさせてくれるので、
それも体験してほしいな〜!
なんて思っていました。

すると、
なんと!
馬場ちゃんは、前からクリスタルボウルが欲しかった
というではありませんか?
最初は、少し緊張気味に見えた馬場ちゃんでしたが、
途中からノリにのって、
あれこれ興味津々!

そして、最終的に、
フランキンセンスのボウルをゲット!

まきちゃんやゆーじくんは、
まあ機会があれば、そのとき欲しいな〜
という感じで、いろいろボウルを叩いてみていましたが、
なんと!
2人ともそれぞれひとつずつ、
ゲットしてしまったではありませんか!!!

すばらしい〜!

私は、ここのスタッフのフレットとジョシュも
大好きです。
とうぜん、クリスタルボウルの知識はお持ちですが、
説明が、とても感覚的で、
創造的で、
ボウルを教えてくださった牧野先生と似ているのが
結局は、好きなように選んで、
心地いいようにプレイすることが
いちばん重要ということを
教えてくれるのです。

私はある方に、
「あなたはここに何ヶ月住んでいるの?
私は、(あなたと違って)ここに3年も通っているのよ」
と、
ちょっぴり嫌みの入ったことを
言われたことがあります。

一瞬、それが嫌みだとわからず、
(?)でした。

なぜなら、彼女は私と比べる必要ないほど、
ボウルを長くやっているのに、
私に対抗意識を燃やす必要がないからです。
びっくり!

彼女、自分に、自信がないのかな〜?

でも、ここでちょっぴり嫌み返し?を言うと、
3年って、1年に1回通ったという計算したとしても、
私は3ヶ月で、何度も通っているから、
回数だけでいうと、、、、ふふっ(笑)。

なんちゃって!

とにかく私は、
その対抗意識に対しては、
す〜っとフェイドアウトするしかありませんでした(汗)。

閑話休題
クリスタルボウルは、
牧野先生や麻美さんがおっしゃっているように、
結局、自分の中のものがそのまま音に出るから、
知識もあるならそれにこしたことはないけれど、
好きなように、楽しく、心地よくプレイするのがいちばん。

たとえば、
半音のもの2つのボウルをプレイすると、
あまり心地よくないと言います。
でも、私はけっこうそれが好きだし、
フレットも言っているように、
共鳴がすぐできて、グラウンディングがしっかりできます。

また、乳白色のボウルは倍音が足りないですが、
音自体がクリアで私の好きなボウルのひとつです。

それから、
背の高いボウルは、当然、音の響きが長く続き、
善くも悪くも、他のボウルに影響をします。
私は、その響きが長く続くボウルも大好きです。

こんなふうに、自分の好みを、
自然に選んで、プレイするときに素直に表現することが
いちばん大事なのだと言います。

私は、こう考えます。
常識は、あってないようなもの。
だいたい常識や知識を気にし過ぎると、
みんな同じ演奏になってしまうだろうし、、、。

それから、
もしこれを読まれている方で、機会があって、
ソルトレイクのクリスタルトーンズ社に
行くことがあったら、
ぜひ、代表のルピットにも会って欲しいな〜。

彼は、内なる自分がしっかりあって、
エネルギーが大きくて熱くて静かな人です。
さらに機会があったら、
セッションを受けることも、おすすめです。

こうして、
まきちゃん、馬場ちゃん、ゆーじくんの
ソルトレイク1日目は、
それぞれクリスタルボウルをゲットして
みんな何かしら、動きがあったようです。

私は私で、また気づきがたくさんありました!

夜は、カフェでみんなでわいわいしながら、
ゆーじくんとシータの交換セッションをしました。
それもとっても興味深かったです。

気の合う仲間たちと時間を過ごすことは、
ほんとうに楽しかったです。

IMG_4809.jpg IMG_4807.jpg

IMG_4806.jpg IMG_4805.jpg



Family Tiesを受講されたかたがたの感想は、こちら

シータヒーリングジャパンmarronのページ

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する