ソウルファミリーは、傷付け合う?

ソウルファミリーとは、
この地球に一緒に生まれて来たグループ、
魂の家族です。

俗にいう「死んで」から、
肉体を離れて、魂の状態になったときに、
ソウルファミリーたちに会い、
とっても幸せな安らかな気持ちになると言います。

でも、
肉体をもって、地球上で生きているときの
ソウルファミリーとの体験は、
決して幸せなものばかりとは
限りません。

傷つきあって、学んで行くという方法のほうが、
もしかしたら多いかも?

言い方を変えれば、
感情が揺さぶられるほど、
その学びが大きいし、大切だし、
感情が揺さぶられてまでしても、
学びたいことなんですね。

私も例に漏れず。。。

ソウルファミリーと出会うと、
ちょっと緊張します。
(わぁ〜なにか問題が起こるかも〜?)
で、その緊張が現実になり、
実際に問題が浮上して、傷付け合う、、、、
という展開。

実際、ソウルファミリー同士は、
成長したくて、そうしています。

さっそくセルフワークすると、
「孤独」というのが出て来ました。

これは、何度も何度も、
かつて数えきれないほど出て来たキーワード。

私だけではなくて、
みなさんも、このキーワードは、
何度も登場しているものだと思います。

ここで、さらに自分を見て行くための
キーポイントは、
「孤独」のワードだけだと、
他のみんなも持っているキャラクターのないままなので、
このまま、ちゃっちゃとテキトーに
「孤独」を手放し入れ替えるワークをしても、
完全にもどってきます。

大事なことは、
この「孤独」の中に、
オリジナル、キャラクター、個性、
を探し出すこと。

私にとって何が「孤独」と感じるか、
どういうことを「孤独」と思っているのか
を、探ります。

すると、過去生の出来事や、
「理解されない」「拒否される」
などのワードも出て来ました。
さらに、それに付随する悲しみや恐怖も登場〜!

結局、
私ならではのやりかたで、「孤独」になると、
自由、感謝、他人を理解、他人を許す・受け入れる、
その他無数のものが、もれなくプレゼントとして
やってきます。
いわゆる「学び」です。

ワークするときには、
その感情や深い思いの中を探って、
なぜ自分はそう思うのか、
なぜ自分はそう感じるのかという
オリジナルを探すといいですね。

これが「自分の中を見つめて行く」作業です。

ソウルファミリーに限らず、
ソウルメイトでも、
成長するために傷付け合ったりもします。
私には自覚する
4人(恋愛関係ばかりではなく)の
ソウルメイトが存在します。
もちろん、深い愛を理解しあったりもしますが、
傷付け合ったりもします。

その傷に気がつくと、
自分の中を見始めます。
すると、間違いなく、深い自分にたどり着きます。

自分が傷つくことなので、
「学びをありがとう」とは、
素直に思えないときのほうが多いのですが、
確実に成長しることは自覚できます。

本来は、
傷つかなくても、
その学びができる!
というところに行けばいいのですが、
それはそれで、
「そんな簡単なわけないや〜ん、
あまりにも単純すぎるんじゃない? 」
って思います。

だから、いつもひとつひとつを丁寧に見つめて行くこと!
それが、いちばんの近道です!



Family Tiesを受講されたかたがたの感想は、こちら

★Family Tiesインストラクターセミナー開催決定
2014年8月6日(水)7日(木) アイダホにて開催します。
(8月4日(月)5日(火)プラクティショナークラス開催)

シータヒーリングジャパンmarronのページ

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する