感謝が広がって行く

福岡のマンションの片付けも終わり、
キレイさっぱり〜!

と、
気がついたら、なんだかわからないけれど、
私は、感謝でいっぱいでした。

人にもモノにも、街にも、漂ういろんなエネルギーにも、
すべてに感謝でした。

福岡に住んで1年半。
あちこちへの旅が続いていたので、
実質、合計半年も住んでませんが、
気がついたら、大切な友だちが増えていました。

大好きな英語の先生は、
いつも元気に教えてくれました。
私たち生徒が、間違った答えをするときでも、
絶対に「間違い」という言葉を使わなかった。
その教え方にも、気づきがありました。

オカリナの先生のMさんは、
オカリナを習いに行ったのは1、2度だったけれども、
いつのまにか、スピリチュアルな話をする仲になっていました。
ペンジュラムをぶんぶん動かせる彼女が、すごく素敵でした!
その子どものあーちゃんも、純真無垢で大好き!

Mさんに教えてもらったカイロプラクティックの
てとてさんも、
すご〜いスピリチュアルで、いつのまにか
かけがえのない存在になっていました。
最後にお会いした時に、てとてさんは、自分の赤ちゃんを抱いていて、
突然、私に「ほいっ」といって、抱かせてくれたのが、
とっても嬉しかったです。
てとてさん、人っていう存在を信じてるんだな〜と実感。

さらに、
てとてさんのところで、最初にお会いしたMさんは、
糸島でヒーリングをされている素敵な方です。
彼女は、ほんとうに人とのつながりの重要さを知っている方で、
私には、学ぶところがたくさんあります。

こうして振り返ると、
結局、コミニケーション、人間関係が、
ひとりの人間から始まり、次から次へとつながって
広がって行ったことがわかります。

シータヒーリングの仲間たちも、
福岡にはもともとたくさん居ましたが、
住み始めてから、いろんな交流が生まれ、
絆が出来て行ったような気がします。

送別会に参加できなかった一人の方が、
最後に挨拶だけでも、と言ってくださり、
わざわざマンションまで顔を出しに来てくれました。

彼女が餞別にといってプレゼントしてくれたのが、
ニンニク味噌と茅乃舎の出汁です。
茅乃舎の出汁は、ご存知の方が多いと思いますが、
これ、魔法の出汁なんです!
すごく美味しい料理ができあがる!

わざわざ時間をつくって来てくださったことや、
私のための餞別を、あれこれ考えてくださった時間が
すごく嬉しかったです。

もう、すべてのことに、
感謝しかない。

最後の最後で、
マンションの1階のイタリアンレストランの
テラスで、オープン前に、
時間待ちしているときに、準備があるからといって
追い出されてしまったことは、唯一の残念なことですが
(そのレストランとは、プライベートでも
とても仲良しだったので、かなりアングリな気持ちでした)、

でも、そんながっかりも、
その他の感謝の輪が、簡単にかき消してくれて、
幸せいっぱいなのでした。

ソルトレイクで、いま、いろんなことを振り返りながら、
感謝の気持ちを実感するのでした。



Family Tiesを受講されたかたがたの感想は、こちら

★Family Tiesインストラクターセミナー開催決定
2014年8月6日(水)7日(木) アイダホにて開催します。
(8月4日(月)5日(火)プラクティショナークラス開催)

シータヒーリングジャパンmarronのページ

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する