『お金』を得るためには、目的をつくること

お金持ちになりたい
豊かになりたい

と、ただ願っているだけでは、
なかなか現実には、なりません。

それは、漠然としすぎているから。

そんなオーダーでは、
宇宙も困ってしまいます。

レストランで、
「タンパク質をください」
と言っているようなものです。

そんなオーダーでは、よくわかりません。

タンパク質っていったって、
お肉だってタンパク質だし、
魚だってタンパク質、
サプリメントだってタンパク質。

それと同じようなもので、
「お金が欲しい」っていったって、
いったいどれだけ欲しいの?

「豊かになりたい」って、
「豊かさ」の定義は、個人で違う。

いくら欲しいとか、
どんなものが豊かさなのか、
よくわからないというひとは、
ひとまず、目的を定めると良いですね。

お金をゲットして、何に使いたいのか?

旅行に行く
セミナーを受ける
○○な状態の誰かを助ける
会社をつくる
家を買う

なんでもいいのです。
なぜ、お金が欲しいのか、
具体的な目的をさだめることが大事。

気をつけたいのは、
貯金してお金を増やして行きたい、
というのは、目的ではあるけれど、
それだけだと、
お金が動いていないから、なかなか増えません。
出し入れの流れをつくらないと。

それから借金を返したいという目的にすると、
それはそれで借金を返すために
お金が流れて来るかもしれないけれど、
借金を返したら終わりという図になっています。

借金を返して、そのあと、どうしたいかまで
考えた方が良いですよね。

そして、さらに、
お金自体に、感謝のエネルギーを流すことです。

使うときも、
手に入れるときも、
どんなときも、お金に接するときに、
感謝をすること。

すると、そのエネルギーは、
お金を通して、どんどん想像できないほど
広がって行き、何倍にもなって、
自分のところにまたやってきます。



Family Tiesを受講されたかたがたの感想は、こちら

★Family Tiesインストラクターセミナー開催決定
2014年8月6日(水)7日(木) アイダホにて開催します。
(8月4日(月)5日(火)プラクティショナークラス開催)

シータヒーリングジャパンmarronのページ

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する