リーディングと尊重

スピリチュアル的に言って、
リーディングは自由ですね。

アカシックレコードも、ユーザーフリーで、
誰が誰の記録を読んでもOKです。

シータヒーリングでも、
許可なしで、リーディングができます。

が、
だからといって、
ゲットした情報を、本人に無神経に伝えたり、
他の人にうわさ話のように軽く話したりするのは、
ご法度です。

それは「自由意志」や「尊重」が
欠けているように思います。

アカシックレコードを最初に学んだとき、
「その人が知りたいという意思をあらわしたときに、
お伝えすること」
と教えてもらいました。

確かに、
リーディングした情報を突然言われるのは、
あまりおもしろくないですね。
ソウルメイトや完全に心を開いている相手ならまだしも、
スピなだけで、
リーディングして、こうだよ〜って言われるのは、
挨拶抜きで、部屋にあがりこんできたみたいな感じ。

しかも、
そのリーディングが、半端なく間違っていたりするときには、
なんだかな〜って感じです。

あと出しじゃんけんみたいに、
結果を見て、その結果から材料をあつめて
言ってるだけや〜ん!
でも間違ってるし!


って感じなんです。

スピでも
礼儀が大事。

おっと、
そういう私も、振り返ってみれば、
リーディグしたこと、
うっかり、ふつうの会話で伝えてしまっていたこと、
少なくないかも。。。。
気をつけよう〜。



★Family Ties
受講されたかたがたの感想は、こちら

Family Tiesインストラクターセミナー開催決定
・8月4日(月)5日(火)プラクティショナーコース
・8月6日(水)7日(木)インストラクターコース

シータヒーリングジャパンmarronのページ

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する