私の自慢のもうひとりのソウルメイト、沖縄の吉田京子さん!

私のハイヤーセルフは、
よく吉田京子さんのところに行きます。

吉田京子さん、
沖縄や九州を中心に活躍されているヒーラーさんで、
私のソウルメイトでもあります。

キョウコさんが、
「マロンちゃんのハイヤーセルフが、
昨日もずっと私のところに来てたよ」

2月から日本を出て、移動続きで、
身体とこころのバランスが崩れて限界を超えていた私は、
キョウコさんからセッションを受ける約束をしていたので、
ハイヤーセルフが早くはやく〜とキョウコさんを
せかしていたようです。

しかも、
「マロンちゃんのハイヤーセルフ、すごく私にしゃべるんだよ、
ほかの人のハイヤーセルフはそうでもないのに、、、」
といいます。

そりゃそうでしょう〜。
私のこころは、キョウコさんに全開オープンなのですから!

で、遠隔でLINEでのセッションが始まると、
キョウコさん「どんな感じ?」
私「うん、なんか電気が走ってる感じ」
キョウコさん「あんたするどいね〜」
私「なに? なにやってるの?」
キョウコさん「へへへ、いまね、私が開発中のやつやってるの、
マロンちゃん、モニター、へへへ」
私「ちょっと〜、大丈夫? 」
キョウコさん「これやるとき、すごい集中力がいるんだよ」
私「あれ、なんか左半身全体がびりびりする、なんかすごいよ」
キョウコさん「すごいでしょう、これ」
私「どうやってるの教えてよ」
キョウコさん「へへへへ」

という感じ。
これは、ソウルメイトだからこその会話。

その後、手がすぐにあったかくなり、
ヨガで痛めていた足もあっというまに軽くなってしまいました。

それから、
キョウコさん「マロンちゃん、こんなに大変だったんだね、
こんな映像が見えたよ、あのね〜省略〜
もっと早くやってあげたら良かったよ、ごめんね」
私「もう限界を超えていたから、
わざと感情も身体も感じなくさせてたの」

いろいろダウンロードするときも、
私「なにか入って行かないものがあったら、無理矢理入れてね」
キョウコさん「でもあんた、無理矢理入れると『痛い』って言うじゃない」
私「いいから、入っていかなかったら無理矢理でも入れてほしい!」

キョウコさんを、信頼しているからこそ、
言えるのです。

途中なんども、キョウコさんは、
「マロンちゃん、大変だったね、早くやってあげればよかった」
と言いながら、
彼女はシャーマンの過去生も持っているので、
私の身体のあちこちの痛みや感情を、自分にも感じて
ちょっと大変な様子。
で、申し訳ない気持ち、、、。

でも、セッションが終わると、けろっとしています。

キョウコさん「マロンちゃん、腸にね、過去生の虐待があってね、
詳しい事をいうと、気にするといけないから、
言わないでおくね」
キョウコさん「左足のモモの内側ってどう?」
私「ヨガで痛めて、、、」
キョウコさん「そこも、、、胃は? 喉も?」
私「ぜんぶドンピシャです」

キョウコさん「なんか、すごいのが出て行ったよ、いま」

私「AとBとCを考えているんだけれど、どれがおすすめ?」
キョウコさん「Bがいいみたい、その理由はね、、、」
答えは実に明確で、納得いくのです。
創造主のメッセージをはっきり受け取ってくれるし、
私のハイヤーセルフとも仲良しで、
ハイヤーセルフの気持ちをよく知っている。

実は、私が自分のハイヤーセルフと話すとき、
私のハイヤーセルフは、私にはけっこう厳しい存在で、
ミッションみたいな感じで、メッセージをくれます。

でもキョウコさんには、私によりもべらべら話します。
だから、
キョウコさんに、私のハイヤーセルフと話してもらうということも
よくお願いします。

そして、キョウコさんは、
いつも、相手に寄り添うということをします。

そこが、彼女の才能です。

だから安心して、心を開くことができます。

リーディング力、メッセージの伝達力はほんとうにあっぱれ!

そして、
終わった後、すっきりしているのが、
なによりもほんとうに良いセッションだという証しです。

「マロンちゃん、最後、こういう映像が見えたよ、
あんたすごいねえ!」

私はキョウコさんの「あんたすごいねえ!」という
口癖が大好きです。




★Family Ties
受講されたかたがたの感想は、こちら

★5月17日(土)18日(日)メキシコシティ
★5月20日(火)21日(水)グアダラハラ
★5月24日(土)25日(日)クエレタロ

Family Tiesインストラクターセミナー開催決定
・8月4日(月)5日(火)プラクティショナーコース
・8月6日(水)7日(木)インストラクターコース

シータヒーリングジャパンmarronのページ

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する