できないところや苦手な部分を、がんばろうとしても、しょうがないとおもう

できないところや苦手な部分を、
がんばろうとしても、しょうがないとおもいます。

どういうことかというと、
自分の、
できない部分を一生懸命できるようにしたって、
不得意な分野を伸ばそうとしていることになるからです。

不得意なことを、伸ばそうとするかな〜?

それは、
ベクトルの向いている方向が、
正反対で、ひっぱり合いをしていることに
すぎません。

だから、いつまでたっても、
同じ位置にいることになる。

それよりも、できることにパワーを
注いだほうがいいにきまっている。
それは、ベクトルが同じほうこうだから、
2倍3倍のパワーが生まれる。

たとえば、管理能力や事務処理の苦手な人がます。
その人に、イベントをするから、
エクセルで細かい名簿をつくって、
イベントの場所をおさえて、お金のやりとりもしてほしい、
とお願いしたって、
しょうがないわけです。

その人が、ほとんどできなくて、イベントが台無しになっても、
しょうがないのです。
苦手な人に、それをたのんだ「私」が悪いということになります。

苦手なことに、わざわざいやいや目を向けて取り組んでも
しょうがないんじゃないかな〜とおもいます。
やる気もぜんぜん起こらないし。
気持ちも暗くなる。

気持ちもわくわくして、
自分も輝いて行く!ほうを、やっていったほうが
良いに決まっています!

でも、やりたいことの中に、
苦手なことが、含まれていて、
どうしてもやらなきゃいけなければならないときは?

そんなときこそ、仲間と協力すればいいわけです。

どんなことでも、道は無限にあります!




*以下、マロンの近日スケジュールです。
(FTインスト以外のお申込・お問合わせはこちら
★Family Ties
Family Tiesの日本開催予定
・2014年 2/6(木)7(金)品川
Family Tiesを受講されたかたがたの感想は、こちら


Family Tiesインストラクターセミナー開催決定
2014年8月14日、15日 アイダホにて開催します。
(2014年8月7日、8日はプラクティショナーコースです)


シータヒーリングジャパンmarronのページ

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する