シータヒーリングとは

シータヒーリングとは、
誰でもできるエネルギー・ヒーリング。
脳波をシータ波
(浅い眠りのときに出る脳波と同じ)
にした状態で行う瞑想で、
無条件の愛のエネルギーに
働きかけるヒーリングです。



プラクティショナー(ヒーラー)はこのシータ波の状態で、
「すべてなるもの」「宇宙の創造主」とつながり、祈りをし、
身体的・精神的・霊的な癒しをおこないます。

アメリカのヴァイアナ女史が開発したヒーリングで、
肉体的、精神的、魂的に、瞬時に癒しがおこります。

また、必要のないネガティブな「思い込み(思考パターン)」に
ワークすることで、
本人が手放したい思い込みをリリースでき、
新しいポジティブな思い込みを呼び覚ますことができます。



シータヒーリングでできること
・身体のリーディングとヒーリング
・思考パターンの置き換え
(古い必要なくなったネガティブな思いを、
新しいポジティブな思考に置き換える作業)
・感情の呼び覚まし
(たとえば『自信』というものがない人に、
『自信』という感情を呼び覚ます作業)
・守護天使(守護霊)と話す
・浮遊霊やマイナスの思念体の断ち切り
・浮遊記憶の解放
・ソウルメイトの引寄せ
・願いの現実
・若返りのプログラミング
・遺伝子の書き換え
・胎児から今の瞬間までの癒し
・魂の回復・再生

医者も見放したというヴァイアナ氏の足のガンが治った!
というシータヒーリングです。

ヴァイアナ氏が開発したシータヒーリング秘話
 1995年、自然療法士、マッサージセラピスト、サイキック・リーダーとして活躍していたヴァイアナ・スタイバル女史は、自分のリーディングのテクニックが瞬時のヒーリングをもたらす力があることを発見しました。
その頃、3人の幼い子供の母親でもあったヴァイアナは、癌により右足大腿骨が速いスピードで破壊されていました。一般的な医療や代替医療を含めて様々な治療を行いましたが、すべて失敗しました。そのとき、自分がリーディングで使っていたシンプルなテクニックでヒーリングもできることを発見したのです。彼女の足は瞬時に癒されました。

シータヒーリングでは、
このテクニックが誰にでも使えるのです。
自分自身にヒーリングすることもできるし、もちろんほかの人にヒーリングをすることもできます。
動物や物質を相手にすることもできます。
その応用力は無限大なのです。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する