その波動に自分を合わせていけば良い

すべてはエネルギーでできている。
そして、すべての現実は自分が作り出している。

このことから踏まえて、
自分がどんなエネルギーを発しているかということが
とっても大事です。

どんな現実を望むのか、、、?

それを明確にイメージすることが、とっても重要です。

いま起こっている現実が、
自分にとって、望ましくない状況だとしたら、
じゃあ、自分は、その現実以外に、
どんな現実を望むのか、、、、?

それをイメージすることが大切です。

現実に登場している人物に対しても、
同じことが言えます。

自分は、どんな人たちに囲まれて生きていきたいのか?

競争するのが好きな人は、
競争の相手を登場させます。

人の役に立ちたいと思っている人は、
(どのように役に立ちたいかにも寄りますが)
もしかしたら困っている人を登場させるかもしれません。

また、
同じ人間でも、いろんな側面を持っているので、
相手のどの側面とつきあうか、
自分自身で決めることができます。

相手のつきあいたいその側面を、
自分が引き出しているということです。

現実は、
自分と同じ波動にあったモノや人が登場します。
波動に合わないものは、遠ざかっていきます。

ということは、
望む現実の波動に、自分を持っていけばいいのです。

ソウルメイトにも同じことが言えます。
どのソウルメイトと出会いたいか、
その波動に自分を合わせていけばいいのです。

ソウルメイトのどの側面を引き出したいか。
引き出したいその波動に、自分がなればいいのです。

ソウルメイトとどんな体験・経験をしたいか。
自分で明確にイメージすればいいのです。

そんな話を、今週のマロンのお話会でさせていただきます。
ソウルメイト引き寄せもしちゃいますので、
お楽しみに〜。

お話会


*************************

マロンのスケジュール

すべてのお申込・お問合せはこちらからどうぞ!

★★マロンのお話会 on Skype(6人くらいまで)★★
10/8(土)(カリフォルニア時間は10/7です)
10/23(日)(カリフォルニア時間は10/22です)
11/13(土)(カリフォルニア時間は11/12です)
詳細は、
こちらです

★★ヨガ in California★★
10/30(日)(ガーディナ)
詳細は、こちらです

★★マロンの新月のクリスタルボウル瞑想演奏会 in California★★
10/30(日)(ガーディナ)
詳細は、こちらです

★★京都セミナー★★
11/3(木)4(金) シータヒーリングFamily Ties 
11/5(土)6(日) 太陽のアカシックレコードリーディング 
11/7(月) セッション日
11/8(火) 太陽のアカシックレコードヒーリング
11/9(水) 太陽のインナーセルフ
11/10(木)11(金) 太陽のアカシックレコードリーディング インストラクター
詳細は、こちらです

★★名古屋ワークショップ★★
11/14(月) 太陽のヨガ
11/14(月) クリスタルボウル瞑想演奏会
詳細は、こちらです

★★東京クリスタルボウル演奏会★★
  〜〜芸術作品アールグラージュとともに
     クリスタルボウル瞑想〜〜
・11/18(金)
詳細は、こちらです

★★東京セミナー・ワークショップ★★
11/18(金) 太陽のインナーセルフ
11/19(土)20(日) 太陽のアカシックレコードリーディング
11/21(月) 太陽のアカシックレコードヒーリング
11/21(月) ヨガワークショップ
詳細は、こちらです


★★クリスタルボウルセミナー・ファーストステージ★★
・12/3(土)4(日)2日間通しのセミナーです
 詳細は、こちらです


★★クリスタルボウルセミナー・ファーストステージ★★
・12/11(日)12(月)2日間通しのセミナーです
 詳細は、こちらです


★★マロンのこころとからだが繋がるヨガ in CA★★
・12月13日(火)
 詳細は、こちらです


★★満月のクリスタルボウル in CA★★
・12月13日(火)
 詳細は、こちらです

 
★★マロンのこころとからだが繋がるヨガ in CA★★
・12月29日(木)
 詳細は、こちらです


★★新月のクリスタルボウル in CA★★
・12月13日(火)
 詳細は、こちらです

 
★★太陽のアカシックレコードリーディング in CA★★
・1/7(土)8(日)2日間のセミナーです。
 詳細は、こちらです


すべてのお申込・お問合せはこちらからどうぞ!



●セッションのお申し込みはこちら

●マロンのクリスタルボウル動画はこちら

●ワークショップやセッション、その他いろいろなリクエストはこちらから。

●『太陽のアカシックレコード』の感想はこちら

●『Family Ties』の感想は、こちら

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する